イマリア星系

提供:卍WorldWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

イマリア星系はイマリア星とその他の小惑星、衛星で構成される星系。

イマリア星は動植物が多く住み、自然が豊かで、気候は地球によく似ている。宇宙資源も豊富である。

しかし、アースデリア帝国の搾取で砂漠化が進んでいる。

概要

同じレプティリアン系の星系であるビスマーク星系ブルースターロードによって、

他の星系と交流をしていたのに比べ、

イマリア星系は宇宙航路が発達せず、長らく発見されていなかった星系で、伝説上で知られた宙域だった。

かつてはゴヤ星系と共に超古代文明が栄え、ビスマークにも劣らない文明力があったが、

レッドスターロード』が発見され、[[ 宇宙大航海時代]]に入ると、

リマ星の銀河列強国に破壊され、植民星となった後、

再び新興のアースデリア帝国に占領され、アースデリア帝国の勢力圏になった。

アースデリア星系の先住民レプティリアンはこの星に強制移住させられたため、

アースデリア帝国の勢力圏ではレプティリアンの割合が多い。

ホマ星系(太陽系)と文化的な特徴が非常に似ているため、地球人とは遠い親戚だとも言われる。

国家

イマリア王国(リマ星の侵略により消滅)→アースデリア帝国イマリア地方

宗教

アンゴロシズム(リマ=ルパーメス教アンゴロス派)

ゲルマシズム(リマ=ルパーメス教ゲルマス派)

イマリア民俗信仰

人種

山の種族